鉄道に関する動画・情報、つれづれなる駄文



2010年08月13日

鉄道ムービー入門

遅ればせながら、鉄道ムービー入門を読了しましたので
簡単ながらレビューをさせていただきます。

結論からいうと、買いです。

鉄道写真は詳しいけど、動画はとりあえず固定で撮っているだけという方が
まだまだ多いと思います。そんな方には本当にお勧めです。

ただし、写真と同様に鉄道動画の撮り方は撮影者の嗜好で十人十色という面もあります。

最大公約数的な、絶対押さえておくべき基本をマスターするという上では
間違いなく良書ですが、撮り慣れている方には少し物足りなさを感じるかもしれません。
しかし全部が全部、無手勝流で撮るのではなく、
基本をマスターした上で個性を出していくのが王道だと思います。
守破離っていう言葉もありますし。
あらためて基本に立ち返る意味で、決して読み飛ばすべきではないかと思います。


動画は写真以上に、後加工が重要視されます。そこで、本書では
編集のTIPSがまとめられています。カメラ添付のソフトを使用した方法から、
Canopus社のEDIUSを使用した本格的な編集例までカバーされているのが
親切だと感じました。(EDIUSは30日体験版があるので気軽に試せます)

特に巻末のモノクロページはページが少なく文字が多めですが
見逃せないポイントが密度高くまとめられております。

本書の見どころは他にもいくつもあるのですが、中でも良心的と思ったのは
どの作例にも撮影区間が明示されていること。細かい地図こそありませんが
地形図やGoogle EARTHと見比べればほとんどのケースで撮影場所が特定でき、
撮影地ガイドとして使うこともできます。

一般の撮影地ガイドだと、写真向きでも動画には厳しい場所も載っていたりします。
(国道の近くで車の走行音が盛大に入る場所や、縦アングルの方が収まりが良い場所など)


重箱の隅をつつくようですが、何点か物足りないと感じた部分があるので
書き連ねていきますと…

個人的な要望としては、1000円程度の価格上昇はやむをえませんが
作例何本かを抜き出して収録したDVDがあると理想かなと思いました。

本書では作例を佐々倉氏の手による別売りのDVDと結びつけた形で紹介されており
DVDが無いと実際の映像として確認ができません。
全部とは言いませんから、一部だけでも玄光社のYoutubeチャンネルで掲載するとか、
DVDの形で提供できるとより読者の理解も深まるかと思います。
せっかく、何点かは実際にYoutubeで紹介されてるのですから…

やはり写真ではなくシーケンスでどういう風に絵が移り変わっていくのか
ベテラン作者の作例に勝るものはないかと思いますので。

そこに体験版編集ソフトでも同時収録されていれば完璧ですね。

また、残念ながらMACユーザーの方には編集の項目はあまり参考になりません。
ビデオカメラ付属のソフトにMAC版が殆ど存在しないという事情もありますが
Windows版のソフトが中心で、MACに関しては代表的なソフトに
言及があるのみなので、せめてiMovieだけでも取り上げる方が良かったのでは無いかなと。
特にカメラ付属ソフトが無い、ということはMACユーザーの場合市販ソフトに
依存するしかないとも言えますので、EDIUSでの手順のような流れの紹介が
記載されていると、初心者にとって心強い存在になったと思います。

(なぜか、自分の周りの動画作者はMACユーザーが多い。不思議なことだが)

これは個人の好みですが、カラーページが多く見やすいけれど
少しページが少ないかなと感じました。
最後の方にある音声に関するTIPSなんて、倍のページ数で取り上げてもらいたいくらいでした。
そういう切り口の、別の本を買えと言われてしまえばそれまでなんですが…


今回読んでみて、自分の最大の課題はやはり音声かな、と痛感しました。
また、自分はまったくと言っていいほどシルエット撮影していないと
本書を通じて気が付きました。
これは自分の撮影スタイルを客観的に知る上での重要な手がかりでした。

著者の趣味が反映されていると思いますが、本書ではシルエット表現のシーンが繰り返し紹介されます。
情景にこだわった場合、空や背景の描写を優先させるという表現は間違いなく有効ですが
逆に何が走っているのか分かりにくくなるという諸刃の剣ですので、
自分のように特定形式や、珍しい列車狙いが多い作者だとまず撮りません。
(事実、Youtubeでも殆ど見かけません)写真でも形式写真派が圧倒的に多いですね。

思うに、そういったスタンスじゃなくて漠然と「鉄道」という題材で日常を切り取る、
そんな心の余裕をもつようにしたいなぁと思いました。

繰り返しになりますが、映像の道で食べていける方で無い限りは
本書に触れることで必ず新しい発見があると思います。是非お手にとってご覧ください。

#すみません、途中から全然レビューじゃなくなっちゃいましたね。



最後に

のりものポッドキャストの白井さん、Youtube車窓動画の海浜こと大澤さんが
有名アマチュア作者としてページを割いて取り上げられていることは
以前のエントリーで取り上げたとおりで、蓋を開けてみて期待を裏切らず
面白いページだったのですが、少し目立たないながらも
前田さん(smaeda)が取り上げられていたのがサプライズでした。

ビデオサロン誌ではしょっちゅう取り上げられる方ですから
改めて取り上げる必要はないということなのかもしれませんが、自分にとって
自分の動画をネットで配信するという楽しさを教えていただいた
大事な大事な方でして。
是非前田さんのサイトも併せてご覧頂ければと思います。




▼投票していただけるとやる気が上がるとか上がらないとか…
鉄道コム
にほんブログ村 動画紹介ブログ 乗り物動画へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道動画へ にほんブログ村 ネットブログ YouTubeへ blogram投票ボタン
ランキング参加中

posted by いそはち at 13:01 | Comment(3) | TrackBack(0) | ビデオ編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


2010年07月03日

豆知識 動画管理ソフトとしてのPicasa 3

今日は動画の紹介ではなく、動画編集のヒントとして。(Windows限定)

撮りためた映像を素材として使用しようとしたとき、
とっさにファイルが分からないというのはよくあることです。

OSの環境によってはエクスプローラー上でファイルのアイコンが
動画の内部から自動生成されたサムネイルとなって表示される場合もありますが、
自分に関して言えば、これはすこぶる応答性が悪くイライラします。
フォルダを表示した時に、毎回いちいちサムネイルを作成しているからです。

自分の場合は、Google製のアルバムソフト、Picasaを愛用しています。

このソフトだとサムネイルはキャッシュされるため、
一旦インデックスを作成してしまえば非常に高速で検索が可能となります。

また、各動画ファイルに適当なキーワードを付加しておくことで
目的の動画をキーワード検索ということも出来てしまいます。
(相当な根気と時間がですけどね…)

Picasaは高機能のくせに無料で、静止画のレタッチ機能もあったり、
ネットでアルバムをアップロードして共有したりと、
非常に満足度の高いソフトですので使ってみて損は無いと思います。


それでは、簡単に画面と機能を紹介してみたいと思います。





20100703-04.jpgこれがPicasaを起動したときの通常画面。
あらかじめ、
PCの中のファイル保存場所を登録しておく必要があります。

一回だけ登録するのか、起動のたび更新をチェックするかを
フォルダごとに決めることができるのが親切。
20100703-01.jpgこれが動画のアイコンをダブルクリックした場合の画面。
動画の下に、「新幹線 500系 のぞみ 入線 名古屋」と書いてあるのが
お判りいただけるでしょうか。
これがタグです。Youtubeでもおなじみですね。
今回の場合、映っている車両名と撮影場所を入れてみました。
情報を入れれば入れるほど、検索にかかりやすくなる反面、
あまりにもヒットしすぎて無駄になる可能性もあります。
20100703-05.jpg静止画のアイコンをダブルクリックしてみました。
画面の右側に、地図が表示されているのがおわかりでしょうか。
画像ファイルにGPS情報が埋め込まれていれば、このようにGoogleMapと連携して撮影地が一目瞭然です。
(撮影したカメラによっては認識しない可能性はあります。
この画像はSONY HDR-XR500V のデジカメ機能にて撮影したもの)
また残念ながら、動画のGPS情報は認識しないようです。
20100703-03.jpgさて、タグ検索を試してみましょう。

右上の虫眼鏡マークの窓に、500系と入力してみました。
500系と登録しておいた画像がピックアップされます。
人によっては最もありがたい機能かもしれませんね。
20100703-06.jpg次にレタッチ機能について。

静止画に関しては充実しており、傾き調整や色合い調整、画像サイズ調整など
有料フォトレタッチソフトと類似の機能を揃えます。
機種によってはRAW形式も表示可能のようです。
(私のEOS 5Dmk2は認識してくれませんでした)
20100703-07.jpgまた、動画に関しては、ブラウザを起動せず
PicasaからYoutubeに直接投稿する機能も備えています。
動画の左側にあるYoutubeのボタンをクリックすると
アップロード用窓が開きます。

また、その下にある「スクリーンショットを取得」を押すと…
20091220160604.jpg簡単に動画から静止画への切り出しが出来てしまいます。

ホームページやブログを更新するには大変便利な機能です。


「クリップをエクスポート」ボタンでカット編集もできてしまうのですが、
これで新しく作られた動画ファイルは少し画質の荒いWMV形式に再エンコードされてしまいます。
つまり画質が劣化してしまいます。Youtube投稿するのであれば
十分とも言えますが、
もともとYoutubeとWMVは音ズレが発生するなど相性が悪いと言われており
当ブログにおいては積極的に推奨するものではありません。

以上、Picasaの機能をかいつまんで説明してみました。
お役に立てれば幸いです。

最後に、肝心なことを一点。
動画ファイルは、PCからきちんと動画ファイルとして認識されなければ
なりません。
つまり、拡張子の定義、コーデックがインストールされていることが条件です。

当方の環境ではカノープスHQ-AVI、HDVのMPEG2-TS、AVCHDのH.264
いずれもPicasa上では動画として認識されます。

カメラによっては、購入すると同様のアルバムソフトが
添付されている場合もありますが、それはカメラ機種が違うと
対応してくれなかったりするので、カメラを買い換えたとき不便ですね。

ぜひお試しを。

※MAC用のPicasaは試しておりません、ご了承ください。
▼投票していただけるとやる気が上がるとか上がらないとか…
鉄道コム
にほんブログ村 動画紹介ブログ 乗り物動画へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道動画へ にほんブログ村 ネットブログ YouTubeへ blogram投票ボタン
ランキング参加中

タグ:YouTube 動画
posted by いそはち at 17:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビデオ編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


2009年11月17日

読み上げソフト登場、しかし…

以前、初音ミクが登場したときだったか
歌わなくていいから読み上げソフト出してくれ〜と書いたのですが

新ソフトが登場しました。しかし…

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20091113_328448.html



これを店頭で買う勇気はございません…

>■ 文章読み上げソフト
> 入力した文章や言葉を読み上げてくれるソフト。
>「これまでの音声合成の常識を覆すように、驚くほど自然に話す」
>という。読み上げた声は、音声ファイルとして保存することも可能。

>使用イメージ 音声合成エンジン「AITalk」を採用。単語や文章の
>イントネーションを細かく編集できるほか、よく使う単語や、
>一般的ではない言葉などを、イントネーションの調整をした上で
>辞書登録し、自然な発音の仕方をソフトウェアに記憶させる事も可能。
>ボリューム、スピード、ピッチ、エコーなどの調整にも対応する。

> 月読ショウタと月読アイは兄妹で、兄は「可愛くハキハキとした
>話し方が特徴」、妹は「優しく一生懸命さが伝わるカワイイ話し方」
>だという。7歳の兄は妹思いで、5歳の妹はそんなお兄ちゃんが大好き。
>ソフトには「Crazy Talk SE」とマニュアル着せ替えシールが付属する。


ちなみに、EDIUSのプラグインとしてすでに声の職人というのがあって

http://www.canopusstyle.com/SHOP/553849/list.html

結構いいお値段します。

▼投票していただけるとやる気が上がるとか上がらないとか…
鉄道コム
にほんブログ村 動画紹介ブログ 乗り物動画へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道動画へ にほんブログ村 ネットブログ YouTubeへ blogram投票ボタン
ランキング参加中

posted by いそはち at 12:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビデオ編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
画面上にマウスを移動すると現れる矢印をクリックすると 内容が切り替わります。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道動画へにほんブログ村

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。